遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事や動画なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

【遊戯王】増殖するGを無効にできる灰流うららが登場

 昨日、新弾マキシマム・クライスが発売しましたね。

捕食植物オフリス・スコーピオや超越融合、新しいテーマの真竜などはチェックしており、

現環境に 大きな影響はないと思っていましたが、発売日直前の

灰流うららの登場は驚きました。




 チューナー・効果モンスター
星3/炎属性/アンデット族/攻   0/守1800
「灰流うらら」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その効果を無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果

  遊戯王版、意思の力がとうとう登場しました。

現環境では、十二獣の展開や芝刈りなどに発動でき、

活躍する機会が多いと思います。ヒーロー・アライブ・左腕の代償など、

コストが大きいカードに発動することができれば大きくアドバンテージをとることができます。

HEROなどの先行展開が

強力なデッキに対しても灰流うららの登場で、展開を妨害できるのはいいですね。

またこれまで、ほとんど干渉できなかった増殖するGに対して、無効にできるカードが

登場したのはいいことだと思います。シンクロのテーマだと、特殊召喚を頻繁に行うので

増殖するGが非常にささるカードでしたが、灰流うららで無効化し

展開できるようになったのはうれしいです。




 

【遊戯王】あけましておめでとうございます。2017年もよろしくお願いします。

 今年も当ブログをよろしくお願いします。

 2016年の年末は、2回目の参加となるコミケへ行ってきました。

今回は、2日目と3日目に参加してきました。3日目は、有名壁サークルの参加が

多かったことから
いままで参加してきたなかで、一番参加者が多いと感じました。

人の多さから、壁サークルに並ぶのは諦めて、 他の個人サークルを回っていたのですが、

アニメやゲーム以外でも、ラーメン店の紹介本やSF研究本など、魅力的なものに出会い

新たにコミケに行く楽しみを見つけました。今年の年末もコミケに行きたいです。 

昨年の環境を振り返って
  選考会までの環境は、青眼やDD、メタルなど多くのテーマが争う良環境だったと

思いました。映画の影響もあって青眼やブラック・マジシャンが

テーマとして強化されたことから盛り上がり、楽しい環境でした。

 選考会以降は、ABCを始めとした新テーマの活躍が目立ち、

10月にはレイジング・テンペストで収録された十二獣が環境に

登場し、一強環境が始まります。


個人的には、これまでのインゼクター、征竜・魔導、EMemのような1強、2強環境よりも

複数のデッキテーマがぶつかり合う環境のほうが多くのユーザーが参加できるので

いいのではないかと思っています。

また昨年の青眼環境でのクリフォートのような過去のデッキテーマが

再び環境デッキとして使用できたらと思っています。

ABCのように半年で使用できなくなるテーマよりも少しでも長く遊べる

デッキが増えるといいですね。











 
YPさんのデッキレシピをお気に入りに集めてます。遊戯王時事ネタ始めました。フォローお願いします。相互リンクも募集してます。
follow us in feedly
カスタム検索
Amazonライブリンク
フォローお願いします。