遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事や動画なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

【遊戯王】データで見る新弾発売後の環境

 新弾CYBERNETIC HORIZONが登場してからの環境ですが、

先日、行われた愛知CSのデッキ分布をもとに考察してきます。

201804愛知CS
201804愛知予選通過率

 
デッキ分布 
 前回の記事今期の環境で書いたように閃刀姫が環境トップの使用率となっています。

愛知で特徴的だったのが、今期2番手の使用率のオルターガイストや3番手の魔術師を

抜いて、ABC(ユニオン)が2番目に多い結果となっています。愛知のCSでは、前環境でも

愛知のみ一部のデッキテーマが多いことがあったので、地域性が出ていると思います。

 決勝トーナメントでは、閃刀姫よりもABCのほうが多く勝ち残っています。

この他にセフィラやSPYRAL、サクリファイス・ロ―タスが閃刀姫や

オルタ―ガイストよりも高い予選通過率となっており、
デッキパワーの強さを証明しています。

閃刀姫・オルタ―ガイスト・魔術師の予選通過率が


10%代と厳しい数字ですが、愛知の地域性の除きABCの使用率が減ると、

予選通過率が15~20%になると思います。



今後の環境

 次に発売されるコレクターズパック2018までは、この環境が続くと予想されます。

ゴールデンウィークのCS連戦が始まりますね。

ヴァレルソード・ドラゴンの登場で、やぶ蛇のアルティメット・ファルコンが通りにくくなったことや

魔術師にナチュル・ビーストの採用、閃刀姫のミラーマッチでの封魔の呪印や精神操作など

若干の変化がありますね。



【遊戯王】環境の変化 新弾発売後の環境

 ついに新弾CYBERNETIC HORIZONが発売しました。ドラグニティやサイバーが

久しぶりに収録されてうれしいですね。


 新弾発売後の環境では、閃刀姫ーハヤテの登場で、閃刀姫が大幅に強化され、

デッキ分布でも閃刀姫の分布が多くなると予想されます。

これまで閃刀姫の打点では、ダメージレースで負けることがあり、

ライフポイントを削ることが苦手でしたが、ハヤテの登場によって改善されました。

さらに戦闘のあと、閃刀姫ーレイを落とすことで、自己再生効果で、

盤面を維持することができますし、閃刀魔法カードを墓地に落とし

その後、カガリにリンク召喚し、墓地に送った閃刀魔法カードを回収することもできます。

課題としては、シズク・カガリ・ハヤテを複数枚採用することで、エクストラデッキの

圧迫が気になります。

神樹のパラディオン
 チューナー、レベル3、戦士族、自己SSとスペックだけでもかなり万能なカードであり、

なおかつ、ハリファイバー、イゾルデ、ケルビーニと

優秀なリンクモンスターへ繋がることから

今後、様々なデッキに出張すると思います。特殊召喚効果がルール効果であれば、

ガイド・クリッターの展開から、クリッターで神樹のパラディオンをサーチし、

展開することもできます。





YPさんのデッキレシピをお気に入りに集めてます。遊戯王時事ネタ始めました。フォローお願いします。相互リンクも募集してます。
follow us in feedly
カスタム検索
Amazonライブリンク
フォローお願いします。