遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事や動画なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

環境の変化 カード王CS その2 

決勝トーナメント
 前回のデッキ分布から、征竜のシェアがトップになりましたが、

ベスト4 まで上がったデッキの数を見ると

シャドール4、マドルチェ3、インフェル、征竜、聖刻、テラナイト、電池メン各1です。

私が注目したのは、2 番目に多いマドルチェです。

今回のCSでは、前回の環境から コアキメイル・ドラゴを

メインから複数枚採用することで、シャドールに

対抗できることやソウル・チャージの発売に伴い征竜の使用率が増加しました。

しかし、征竜の使用率の増加を読んだプレイヤーは、征竜に相性がいい

マドルチェを選択した
と 私は考えています。

前回の関東デュエルフェスタでは、マドルチェのシェアは全体の2%で8番目でしたが

今回のカード王CSでは、全体の6%で、征竜、シャドール、テラナイトに続く4番目でした。

地域性を含めても、征竜の使用率に伴い、マドルチェの使用率も増加したと考えられます。

ソウル・チャージ
今回のCSの結果から各デッキのソウル・チャージの採用枚数が調整によって

明確になったと考えています。

入賞されているデッキのソウル・チャージの3枚の投入は、征竜・インフェルニティの2デッキのみで

採用しているデッキでも1枚と調整の結果、デッキの相性とライフコストが大きくかかわっているのが

良くわかります。

征竜・インフェルニティの場合、2つとも墓地を肥やすことが得意のデッキタイプであり、

征竜の場合、ドラゴサックやフェルグランドなど、1度のソウルチャージの発動から

強力な布陣を展開することができます。

インフェルニティの場合、デーモン・ネクロマンサーの2体を蘇生させるだけでも、

十分なアドバンテージを稼ぐことができ、1ゲームに複数枚のソウル・チャージを

発動することができます。

これらの理由から、征竜・インフェルニティはソウル・チャージの複数枚の採用が考えられます。

一方のソウル・チャージを採用枚数が少ないシャドールを例として考えると

シャドールもクリバンディットや針虫など、墓地を肥やすのが得意なデッキタイプではありますが、

ソウル・チャージ発動後の形としては、月華ミドラの布陣やトリシューラの形になります。

シャドールの場合、展開よりも追撃での使用が多く、採用の枚数も少ない構築に

なったと考えられます。

続きは今週中にでも~
















 

環境の変化 カード王CS~ その1

カード王CS 524
先日、コレクターズボックス発売以降、初となるCSカード王CSが行われました。

分布を見て、驚いたのはやはり征竜のシェア・・・

ソウル・チャージの相性とユーザーの使用率からの後押しがあり、これまで1位だったシャドールを抜く

結果となりました。 また征竜以外にもインフェルニティ・ライトロード・ラヴァル

ソウルチャージと相性のいいデッキタイプの使用率が増えているのも特徴です。

シャドール

一方のシャドールは、入賞された方のレシピを参考に

針虫が抜け、新たにクリバンディットが入り、ソウルチャージが1枚入るか入らないかという構築に

なっています。また永続効果モンスターに対して、ブレイクスルー・スキルの枚数が2→3になっている

印象を受けました。また今回のCSでは、忍び寄る闇の採用がされています。
20140526_130331373_iOS
このカードの採用理由として、ダークアームドドラゴンへのアクセスを確保するためと考えられます。

墓地 闇5 エクリプス 除外ダムドの状況で、このカードを発動し、暗黒竜コプラサーペントをサーチ

エクリプス除外コプラSS、ダムドSSと場になり、通常召喚も影依融合の発動もできるので

ワンキルを狙えます。



つづきは木曜までに掲載します。











 
YPさんのデッキレシピをお気に入りに集めてます。遊戯王時事ネタ始めました。フォローお願いします。相互リンクも募集してます。
follow us in feedly
カスタム検索
Amazonライブリンク
フォローお願いします。