遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事や動画なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

2014年 4月制限 環境を振り返って その1

【禁止】
《ゼンマイハンター》
《血の代償》
【制限】
《焔征竜-ブラスター》
《巌征竜-レドックス》
《発条空母ゼンマイティ》
《瀑征竜-タイダル》
《嵐征竜-テンペスト》
【準制限】
《ダーク・アームド・ドラゴン》
《七星の宝刀》
【制限解除】
《ダーク・ダイブ・ボンバー》※エラッタあり
《魔界発現世行きデスガイド》
《激流葬》

発表当初、YPにとって、制限よりも多きな影響を与えたのは、
マスタールール3による、これまでのルールの改正であろう
先行ドローなしという先行ゲー問題を大きく解消する形となったが
ヴェルズなど、先行ガバ伏せを得意する罠型のデッキは、
1枚カードが減ることで、大きなダメージを負い構築はもちろん
先行・後攻の選択も考えなくてはならなくなった。
また先行ドローなしの影響は、罠型だけでなくこれまでのデッキにも影響し、
環境当初は、先史遺産やギアギアなど、ネブラ・ディスクやギアギガントX、
カードカーDなど、
先行で1アドを確保できるカードが重要となった。

制限発表
征竜・・とうとう1枚になった竜たち、発表当初は多くのプレイヤーが
征竜の衰退を喜んでいただろう・・

ダムド・・旋風・虫・ヴェルズなど、闇属性のデッキで、
活躍するデッキにはほとんど採用されているカードで

禁止の声もあったがまさかの準制限となった
DDB・・フラゲ当初は、猫・SDLの環境にいたプレイヤーは大変驚いたと思うが、
エラッタでの厳しい改変により帰ってきた。

まさかのDDB帰還により、現在の禁止カードたちもエラッタにより
使用できるようになるのではと希望が持てるようにもなったといえる。

現役時代は、相手のライフが8000あってもDDBとダムドの2枚の攻撃と射出で、
おつりがでるほどの暴れっぷりであった。

AFOPの環境
2月の制限では、征竜とプライマル・オリジンで登場したアーティファクトにより、
征竜とAFOPの環境だったが、

新制限でもAFOPはノータッチだったため、引き続き4月も続投する形となった。
激流葬の制限解除やモラルタのカードパワーも

あり、破壊耐性をもつギアギアが対抗するデッキとなった。

それでもやつらは帰ってくる
制限当初、多くの竜使いは悲しんだだろう。子を奪われ、足も翼も奪われた竜。
しかし、渓谷・霊廟があるじゃないかと竜使いは、調整を続けた結果、
彼らは
青眼の白龍という新たな糧を見つけ環境に帰ってきた。 
2014年7月 渓谷・霊廟が制限になった今も私は竜は帰ってくると思う。


続く





 

新環境 続き

前回の続きです。

シャドールとテラナイトが、ノータッチということで、前環境に引き続き

1、シャドール・フュージョンに対する解答

2、セプタースローネからのショック・ルーラーへの解答

 2つが、今期でも重要だと考えています。

1に対しては、シンクロ・エクシーズモンスターなどを活用する場合、大きな課題であり、

事前にシャドール・フュージョンを打たせない状況を作ることが大切です。(オピオンシエンなど) 

2に対しても、事前に対応することが大切で、2の動きを止めるためにも

増殖するG虚無空間などで、相手の特殊召喚を封じることが重要です。

20140701 新規

一応、前環境を参考に新環境の初期の分布を作成してみました。

次の新弾では、竜星の新規カードが結構いいなと思っているので、

このデッキ分布に竜星の名前も入ってくるかもしれません。









 
YPさんのデッキレシピをお気に入りに集めてます。遊戯王時事ネタ始めました。フォローお願いします。相互リンクも募集してます。
follow us in feedly
カスタム検索
Amazonライブリンク
フォローお願いします。