遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事や動画なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

【遊戯王】選考会のシーズン到来 サイバーの可能性

 5月も終わり、いよいよ選考会のシーズンとなりますね。

今期は、閃刀姫・セフィラ・魔術師・オルターガイスト・ABCが

活躍しましたが、選考会も複数のテーマがぶつかり合う環境となるのでしょうか?

選考会での環境は大きく気になるところですが、

選考会前に発売するストラクチャーデッキやパックもチェックしないといけません。

過去の例では、ダークロウが登場したHEROや今期でも活躍している

ABC-ドラゴン・バスターを主力としたユニオンなどが選考会前に発売してから、

代表を勝ち取っている前例があります。

選考会直前ということもあって、環境デッキ以外のテーマの対策が間に合わず

メタやデッキの動きを十分に把握できていないことも

あって、選考会の直前に登場するテーマデッキは、

情報のアドバンテージを活かした戦い方ができます。

 今年、気になるのは、選考会の前に発売するデュエリストパック 

レジェンドデュエリスト編3です。




 今回は、遊戯王でも歴代ライバルキャラをピックアップし、

サイバー・青眼・銀河・BFと過去に環境で活躍したテーマが揃っています。

特にサイバーについては、RARITY COLLECTION 20th ANNIVERSARY EDITIONで、

キメラテック・メガフリート・ドラゴンが登場して以降、サーチカードである

エマージェンシー・サイバーなど、新弾が発売されるごとに新規カードが収録され

大幅に強化されており、レジェンドデュエリスト編3でも強化されています。

ここ最近のカードショップの大会結果を見ても、サイバーが入賞しており、

収録の内容次第では、選考会で活躍する機会があると思っています。



【遊戯王】海外のET廃止について

 海外では、6月1日からETが廃止され、40分たった時点でプレイを止め

ライプポイントの多いプレイヤーが勝利する形になります。

ET有り・無しでそれぞれメリット、デメリットが存在するですが、

今回の件は、イベントの運営上で問題だと考えています。

以前、友人がCSを開催した時の話です。

CSを運営する上で、事前にタイムスケジュールを組んで

運営をしていくのですが、予選の試合ごとにETが発生し、どんどん

スケジュールが押していき、CSが終了したのが、

借りている会場の営業時間ギリギリということがありました。

ショップの大会でも閉店までに大会が終わらず商品を入賞者同士で分けるという話も

ときどき耳にします。なので、千人規模の参加者がいるYCSのETは、

運営側にかなりの負担があったのではと思います。

ただこれで円滑にタイムスケジュールは、進行するのですが、

ゲーム上の問題を考えると

例として、トリックスターのようなバーン系のデッキで、ライフポイントを削りつつ

効果処理で40分使用し、先行ユーザーが勝利してしまう問題があります。

増殖するGの禁止で、先行ワンキルが流行したばかりなので、今回のルール変更は、

先行ワンキルに拍車をかけるだけではないのかと心配です。









YPさんのデッキレシピをお気に入りに集めてます。遊戯王時事ネタ始めました。フォローお願いします。相互リンクも募集してます。
follow us in feedly
カスタム検索
Amazonライブリンク
フォローお願いします。