またこの時期がやってきました。

 前環境から登場したシャドールに加え、コレクターズ・ボックスでは

ソウル・チャージというハイスペックカードが登場しました。

さらには、ソウル・チャージと相性がよく

3ドロー+カード破壊+No.16 色の支配者ショック・ルーラーを

特殊召喚し圧倒的な強さを誇る光天使セプターとスローネの

印象が強く残る環境だったと思います。

 今回は、現環境をもとに10月からの新制限を

予想していきたいと思います。


シャドール

影衣融合 3→1



サーチ手段もあり、1度手札に来てしまえば

使いまわせるカードですが、

エクストラデッキを使うデッキに対しては非常に強く、

今後、エクストラデッキを使用するデッキは

さらに増えるので、新しいデッキを活躍させるため

1枚と予想しています。



シャドール・ビースト 3→1



シャドールの潤滑油、セプスロの時も感じていたのですが、

やはりドローフェイズ以外で

ドローできるのは、強力だと感じました。

また、ビーストの場合、召喚権を使用せずに

ドローできるのも魅力でした。ファルコン制限も考えたのですが、

ファルコン1枚のデッキレシピも何度か見かけたこともあり

ビーストが1枚と予想しています。



光天使

スローネ3→1


 セプターは、他の光天使をサーチできますし、

光天使をテーマデッキとして残すためには

必要なカードだと思ったので、スローネにしました。

クリフォート
 NEXT CHALLENGERS で、登場したばかりなので保留です。

もしものときでも、召喚士のスキルぐらいではないでしょうか?

HERO
 こちらも新ストラクが6月中旬に発売したばかりなので、保留です。

世界大会でも使用されたソウル・チャージが、3→1の制限になると考えているおり、

現環境で活躍した光天使・融合HEROのような特殊召喚で、

大量展開する方法が

難しくなることもあり保留の考えです。

ヴェルズ
 現環境のCSでも活躍したヴェルズですが、

もしも制限の対象になるとしても

過去の制限改定からオピオンが1枚になるぐらいだと

予想しています。


インフェルニティ

 インフェルニティ・バリア 3→1


世界大会で優勝したデッキなので、制限改定も

逃れられないはず・・・・

インフェルニティ・デーモンを制限すると、

テーマデッキとして難しくなるので

バリアにしました。

増殖するGのケアとインフェルニティのなかでも

高い汎用性を誇るカードなので、インフェルニティで

規制するとすればこのカードかと考えました。

魔法カード

ソウル・チャージ 3→1


 
簡易融合3→1
 

13日に発売されるノーデンの存在が大きいです。

無制限のままでは、10月以降、セプスロに変わって、

非常に驚異のあるカードになります。

管理人としては、簡易融合の制限によって、

ノーデンの展開を抑えるのではないかと

考えています。

以前の輪廻天狗のような規制の考えです。