昨年の10月から、メルカリで遊戯王カードを出品してきました。

評価(250ぐらい)もそこそこ増えてきたので、私がメルカリを使用してきて

思ったことを書いていきたいと思います。

メルカリのいいところ

 メルカリのいいところは、支払方法が簡単なことです。

これまで私は、通信販売やオークションなどの支払は、銀行や郵便局に行って

支払をしてきましたが、メルカリでは、コンビニで支払ができたり、

メルカリで販売した売上で、商品を買うときの代金に使用できるので

支払が簡単にできます。


出品方法について
 制限カードやデッキに1枚入れれば十分仕事を

するカード(フェリスや超電磁タートルなど)を
除いて、

3枚セットやデッキパーツで販売する方法がいいかと思います。


バラで販売してしまうと余ってしまったカードの処分に困ります。

メルカリでは、300円から出品できるので、1枚100円ぐらいのカードが3枚あれば

ちょうど300円になるので出品しやすいと思います。



出品写真 例

20150205_131759500_iOS20150205_131848914_iOS



どうやって出品金額を決めたらいい?

 私は、検索で出品するカード名を入力したあとに

検索条件で(売り切れ)に設定していました。

それによって過去にメルカリ内で同じカードを出品し売り切れになったものがでてくるので

それらの値段を参考にするといいかと思います。

出品する商品名は大事
 よく「カードセット・遊戯王」だけで、出品される商品を見ることがあります。

出品したばかりで、すぐ売れればいいのですが、時間がたつと他の出品された方

商品がトップに入ってくるので、自分の商品を見てもらえる機会が

減ってしまいます。なので、カード名もきちんとして出品すると検索で

見てもらえる機会が増えます。

メルカリで遊戯王カードを出品してみた感想
 環境のカードは、もちろん売れるのですが、電池メンやジュラックなど

ファンデッキのカードも売ることができたので驚きました。

私自身、少し持っているカードを減らしたいぐらいの気持ちだったのですが、

幻想召喚師やトライブ・フォースで当たったサイクロンや激流葬なども

売れたので、とりあえず出品してみようという感覚でやってみたらいいかと思います。

次回は、カードの梱包について記事を書きたいと思います。