4月の新制限も始まり、親征竜が禁止、子征竜が制限解除となりました。

征竜が禁止なったことで、

ドラグニティの竜の渓谷などの征竜で使用されてきたカードが、

解除されることも考えられるようになりました。

 しかし、個人的に気になるのは子征竜の制限解除でした。

いまの子征竜の状況は、バブルマン・ネオやクリッチーと同じ状況ですが、

去年から、禁止カードであるダーグ・ダイブ・ボンバーが

エラッタが加えられ、禁止から復帰しています。

それ以降、混沌帝龍ー終焉の使者や混沌の黒魔術師などもエラッタにより復帰しており、

今の規制については、禁止カードを徐々に緩和していく方向と思っています。

なので、今回の制限リストを見ながら、親征竜もそのうちエラッタで

戻ってくるのかなと思いました。



列車ドールが入賞



 先日、行われた兵庫CSで、列車シャドールが入賞していました。

今期は、ダークロウやダイヤと苦手なカードが多く、

影依融合で、デッキ融合できないシャドールでしたが

列車と組み合わせることで、ナイトエクスプレスナイトを採用する構築であれば

禁じられた聖杯を採用できるので、プトレマイオスの効果に

聖杯を打って、影依融合を通したり、

デッキ融合で、シェキナーガを出すときに素材として、無頼特急バトレインを落として

次の札を準備したり、シェキナーガと他のレベル10モンスターでスペリオルドーラを

立てることもできます。またネフィリムが禁止になって、課題となっていた攻撃力2800以上も

列車がケアをしてくれるので、かなり相性のいいギミックだと思います。

レシピがでれば早速組んでみたいです。