4月5日、大阪でカード王CSが開催されました。

依然として、HEROが環境トップですが、地域によって

テラナイトや海皇、ネクロスの分布に若干変化がありますね。

 先週から、youtubeで、川鶴CSや愛知CSの対戦動画を見ていたのですが、

HEROは、ダークロウ・インフィニティが決まると

相手の手札がよっぽど強くない限り、

ほとんどのゲームをとっている印象を受けました。

 構築の変化として、HEROは、サイドデッキのカードを引いて解決することよりも

デッキに応じて、エクシーズ・融合モンスターを多様していくことから

サイドデッキの構築が徐々にエクシーズ・融合のモンスターの枚数が

増えている印象をうけました。

 今回のカード王CSに入賞された方のデッキレシピを見てみると


サイドにラヴァ―ゴーレムの採用がありました。

ラヴァゴーレムの特殊召喚はルール効果なので、チェーンブロックを作らず

ダークロウ・インフィニティの布陣を1枚で崩すことのできるカードです



  簡易融合やソウルチャージを絡めた展開後ならば、

ラヴァゴーレムのチャンスはありますし、

相手がラヴァゴーレムを想定して、展開を控えたり、ワンキルを狙いに行くのであれば

ダークロウ・インフィニティの使用頻度も減り、HEROに対する勝率も少し変化が

あると思います。


 氷結界の鏡


 トリシューラの影霊衣対するメタになりますが、エフェクトヴェーラやデモンズチェーンだと

皆既日食の書をチェーンされて、トリシューラの効果が通ってしまう場面があります。

しかし、氷結界の鏡であれば、皆既日食の書を関係なく

相手のカードを除外することができます。

アニメ
 普段、アニメの遊戯王は見ないのですが、ニコニコ動画のランキングに

アークファイブの新OPが上がっており、視聴すると最後に元キングの影が・・

6月あたりに元キングがテーマとなるストラクもでることですし、

アニメのほうもチェックしたいと思います。