5月12日にCOLLECTORS PACK2018が発売しますね。

ハンデス効果で話題のトポロジック・ガンブラー・ドラゴンがいよいよ登場します。

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:上/左/右/下】
効果モンスター2体以上
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカード以外のモンスターがリンクモンスターのリンク先に
特殊召喚された場合に発動する。
自分は手札を任意の枚数ランダムに捨てる(最大2枚)。
その後、捨てた数だけ相手は手札を選んで捨てる。
②このカードがEXリンク状態の場合に発動できる。
相手は手札を2枚まで可能な限り選んで捨て、
この効果で相手の手札が0枚になった場合、
さらに相手に3000ダメージを与える。

 剛鬼の構築次第では、相手ターンも絡めた4ハンデスが狙えるみたいですね。

来週あたりは、エフェクト・ヴェーラーや無限泡影の採用枚数が増えそうです。

魔轟神や暗黒界に採用した構築が登場する日も期待したいですね。








 個人的に今後、注目しているのがエマージェンシー・サイバーです。

エマージェンシー・サイバー
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスター
または通常召喚できない機械族・光属性モンスター1体を手札に加える。
②:相手によってこのカードの発動が無効になり、
墓地へ送られた場合、手札を1枚捨てて発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

サイバー・ドラゴンをサーチできるところもファンにとってありがたい効果なのですが、

サイバーエルタニンをサーチできるところも大きなポイントです。

これまでは、サイバー・ドラゴン・コアで、リペアプラントを

サーチしてから動きでしたが、

エマージェンシー・サイバーのおかげで、格段にデッキスピードが上がりました。

最近、サイバー・ドラゴンがどんどん新規カードが登場しているので、

環境デッキとして使用できる日がくるといいですね。

今回の買い物
DcwBVXcUwAUaQXi

 今回は、ザルーグのパラレルをゲットできたので、テンション上がりました。

またザルーグや魂を削る死霊が活躍できる日が来てほしいです。

幻銃士は、リンク召喚と相性がよく今後、環境でも使用する機会があると思い

買っておきました。