7月に入り、新レギュレーションがスタートしました。

既に新レギュレーションのCSが各地で開催されていますが、

新制限発表から約2週間が経過し、閃刀姫が依然として、環境トップを保っており、

次点で、オルターガイストが多くなっています。

前環境で活躍したABCや魔術師の使用率が減少しており、

今回の規制の厳しさを感じます。

新弾発売までは、閃刀姫の環境が続くと考えています。


サンダー・ドラゴン
 封印の黄金櫃1枚から展開でき、ライオウと同じく、サーチ効果を妨害できる

超雷龍サンダー・ドラゴンが出しやすく、サンダー・ドラゴンの活躍が期待できます。

対する閃刀姫の構築では、ウィンドアンカーに加え、無限泡影も3枚の採用となり、

サンダー・ドラゴンを突破してくると考えていますが、サンダー・ドラゴンの制圧力が

勝るのか、それとも閃刀姫の対応力が勝るのか、新弾の発売が楽しみです。