新レギュレーション発表から2週間が立ちました。環境では、純サンダー・ドラゴンがトップかと思いきや、突破力・展開力において、転生炎獣が勝り、CS、店舗大会での環境分布では、転生炎獣がトップとなりました。しかし、トップとは言え閃刀姫、セフィラ、恐竜サンドラ、サブテラー、魔術師など、またまだ勝ち残って、入賞を勝ち取っています。

 構築については、転生炎獣において、ミラーマッチを意識して、精神操作の採用が増え、恐竜サンドラをはじめサイドデッキに影依融合が増えてきました。エクストラデッキにはミドラーシュとエグリスタが採用され、シャドール・ドラゴンでバックを割りつつ、特殊召喚を牽制することができるようになっています。リンク植物以来久しぶりに影依融合が採用され、カードパワーの高さを感じました。


 2019年を迎え、Premium pack2019で、登場した転生炎獣アルミラージや新弾DARKNEOSTORMの発売などで、大きく環境が変わっていきそうですね。来年もまた当ブログをよろしくお願いします。