新年あけましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いします。今年の目標としては、ブログのクオリティを上げて読みやすい内容にするよう心掛けていきたいと思います。いずれは記事を書くことを仕事にしたいです。
 先日、Twitterのタイムラインを見ていたら、20thシークレットを外国人の方がよく購入しているというツイートを見かけました。確かにここ数年、日本は外国人観光客を積極的に受け入れていますし、テレビなどを見ても外国人観光客の旅先や購入したものを聞いたりといろいろ特集が組まれています。ツイート自体に根拠はありませんが、20thシークレットの高騰について、いくつか引っ掛かる点がありました。
 1つは、増殖するGをはじめとする汎用性のあるカードの相場が横ばいのままの状態なことです。ファンタズメイやライトニング・ストームなどのこの1年汎用性のあるカードに革命的なカードが登場しましたが、20thシークレットの相場は、1万円以下となっています。コレクションカードと異なり、汎用性のあるカードはどのデッキにも採用されかつ、複数の枚数が必要となるので、需要は高いと思います。それにもかかわらず汎用性のあるカードが、20thシークレットの相場の中でも個人的に安いと感じています。
 2つ目は、ブラックマジシャンガール、
蒼翠の風霊使いウィンなどイラストアドのあるカードは相場が高いことです。汎用性のあるカードと比較して、全体的に1万以上を超えてるカードが多い印象です。
 この2点について引っ掛かっていましたが、外国人の方が購入されているのであれば説明がつきます。汎用性のあるカードは海外で使用できないので、購入しませんし、イラストアドのあるカードは、遊戯王が好きで、旅行の記念の1枚と考えられます。(一応アジア版がありますが・・)特にブラックマジシャンガールは海外でも人気ですし、初期イラストの青眼の白龍やブラックマジシャンが高騰する理由も納得がいきます。また海外と比べると日本の物価は安いので、1万円以上のカードでもバンバン購入できます。
 話は変わりますが、20thシークレットで、汎用性のあるカードが今後、ずっと横ばいのままかというとそうではなく、
THE RARITY COLLECTIONで登場した増殖するGのシークレットのように最初は、5000円のスタートでしたが、その後、ジワジワと値段が上がっていくケースも考えられます。
前の記事 20thシークレット高騰について