4月からの新レギュレーションも発表され、先日の3連休では、早くも新レギュレーションのCSが開催されました。連日のCSということで、メタカードやデッキ分布もそこまで変わらないだろうと思ったので、データを集計してみました。データ数が多いと結果がはっきりと分かるので、今回はブログを楽しみながら書けました。

概要
・予選のデッキ分布データ、グラフ、今期の課題
・決勝のデッキ分布データ、グラフ、予選通過率
・今後の環境について
・最後に

・予選のデッキ分布データ、グラフ(決勝トーナメントデータがあるものを集計)

予選決勝トーナメントデータ

 予選のデッキ分布を見てみるとオルフェゴール、サンダードラゴン、オルターガイスト、閃刀姫など前環境の顔ぶれが揃っているなかで、新規テーマのエルドリッチやドラグーン・オブ・レッドアイズで落ち目になっていた転生炎獣の使用率が増加しています。使用率では、前環境とあまり変わらないような印象ですが、入賞デッキでは、サイバードラゴンや彼岸、恐竜、3軸シンクロ、未界域が活躍していますし、来月には、新弾も発売するのでまだまだ環境も動きそうです。その中で、3軸シンクロについては、新レギュレーション発表から、1週間も経っていないにもかかわらず、新ルールに対応した構築で完成度の高いものになっています。また使用された方の個人成績も全勝と今後の分布で伸びてくるデッキだと思っています。

今期の課題 
 環境初期では、やはり超雷龍サンダードラゴンをどうやって突破するかが、課題となっています。その為、超雷龍の影響を受けないオルフェゴールの使用率が高いことも納得がいきます。またそのオルフェゴールを狙って、閃刀姫の分布も多いと思いました。新レギュレーションで、簡易融合が制限カードになったことで、これまでサンダードラゴンに対して、サクリファイスを連打することで、手札誘発を貫通して、サンダードラゴンの布陣を突破していました。しかし、それができなくなり、デッキでの相性あるいはドラグーン・オブ・レッドアイズの採用が必要になったと思われます。今期のドラグーン・オブ・レッドアイズについては、以前と同様にヴェルデ・アナコンダからの出しやすさ、1妨害を構える+打点の高さから、ほとんどのデッキで、出張し採用されている印象を受けました。来期は恐らくアナコンダかドラグーン・オブ・レッドアイズのどちらかが禁止カードになるでしょう。

決勝トーナメントの分布、データ

決勝トナメデータ決勝トナメグラフ

 このデータは、最初に予選分布で集計したデータの分布から、決勝トーナメントに進出したデッキを集計したものです。このデータで伝えたいことは、この3連休で総合的に何のデッキが強かったのかということです。テーマごとのデータの横に予選通過率を表示しています。この予選通過率は、決勝に残った数から予選の数を割ったものです。サンダードラゴンで例えると決勝トナメのデータは、13です。予選データは、41なので、13/41=0.317となります。捉え方は、人ぞれぞれですが、個人的な意見としては、使用率の高いオルフェゴールやサンダードラゴンでも決勝トーナメントに勝ち残るのは、全体の約3割と厳しいと思います。また次点で多いエルドリッチやオルターガイスト、セフィラは全体約1割となっています。エルドリッチ、セフィラについては、環境トップのデッキと比較するとややデッキパワー不足の印象を受けました。オルターガイストについては、環境が定まっていないとメタカードが機能しないため、環境初期では、勝ちにくいテーマだと思っています。
 一方で注目すべき点は、転生炎獣です。予選通過率で55%と予選で参加したデッキの半分以上が勝ち残っています。ドラグーン・オブ・レッドアイズ主体のデッキがなくなり、苦手なデッキが減ったこと、転生炎獣の持ち味である安定性に加え、レイジ・ロアーの布陣から、他のデッキに対する対応力も十分に活かせたと考えています。個人的にこの3連休のCSのなかで、転生炎獣が総合的に強いデッキだったと判断しています。ドラゴンメイドも66.7%と高い数字を残していますが。もともと予選のデッキ数が少ないと予選通過率は高くなってしまうため、参考にならない部分もあります。
今後の環境について
 さっきの予選通過率のデータから、考察すると通過率の低かったエルドリッチやオルターガイストの分布は、減る予想です。また同じ罠型で通過率の高い転生炎獣が増えていくと予想しています。
 全体的に見ていくとサンダードラゴンや転生炎獣を考えて、ドラグーン・オブ・レッドアイズの採用がこれまでよりも増えると予想しています。またサイドデッキでは、アーティファクト・ロンギヌスやシステムダウンの採用も増えそうです。
・最後に
 新レギュレーション1発目のCSでしたが、みなさんいかがでしたでしょうか?個人的には、予想以上にオルフェゴール、サンダードラゴン、閃刀姫、オルターガイストと10期テーマがしぶとく残っていると思いました。キーカードがほとんど規制されているにも関わらず、なかなか10期以外のテーマとのデッキパワーの差が埋まりません。デッキの回転力に加え、サンダードラゴンを除くと他のテーマは、妨害札をサーチできるので、そこの部分が強いと感じさせられます。ここの部分は、他のテーマをテコ入れするのか、7月のレギュレーション発表でバッサリ規制をかけるのか気になるところです。