遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

2019

 今週は、いよいよ20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION BOX の発売です。先月、お店に行って予約をしようと思っていたのですが、そのお店で予約ができなかったのでショックでした。内容としては、青眼の究極亜竜やマジシャン・オブ・ブラックカオス・MAXなど、ファンにとっては、20thのシークレットで激アツなカードが多く購入しようと考えているのですが、収録内容をみると劇場版で登場したsinや方界カードが3分の1以上占めており、大爆死なんて結果もありそうなので、ちょっと心配です。一応、3BOX購入して20thシークレットSPECIALパックを1つは、ゲットしたいと思っています。また手札誘発で、高レアリティで揃えたい人にとっては、今回のパックで、うらら・増殖するG・ヴェーラーなどが一度に手に入るチャンスなどで購入してみてはどうでしょうか?
遊戯王OCG デュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION BOX
店舗大会 
 今週から全国各地で、選考会へ向けての店舗大会が開催されていますね。優勝すると前年度の世界大会のプロモカードがもらえるのですが、買取価格が約3万円と店舗大会では、高価な賞品となっています。もし手に入ったら、プロモカードは、環境で使用するカード違い環境の変化で相場が変動しないので、買取に投げずに持っておいたほうがいいかもしれません。
 店舗大会の環境についてですが、今期のデッキ分布のように閃刀姫、サンドラ、オルターガイスト、オルフェゴール、サブテラー、転生炎獣など様々なデッキが入賞しています。また環境デッキに加え、トリックスターやチェーンバーンなども入賞しています。特に後者のデッキは、普段対戦する機会も少ないと思うので、対策を練る必要があります。


有料ブログについて
 最近、ツイートで見かけたのが、遊戯王での有料ブログです。個人的には、現役のプレイヤーが書く記事を有料で読むメリットがないと考えています。いくつか理由があるのですが、1つに記事を書くのに本音を書いてしまうとそのプレイヤーの勝率に関わるため、本音を書くことができないと考えていること、逆に本音を書いた場合、使用しているデッキについて、プレイヤーのなかで、結論がでており、構築を変えているか、別のデッキに移っていることが考えられるからです。また展開パターンについても、原石を発掘しているのは、別の人なので、その人のTwitterをフォローしてツイートを参考にしています。しかし、否定的なことを書きつつも、うまいラーメンのように評判がよければ読んだりもしますし、1つのCSが終わって使用したデッキレシピの解説やカードの採用理由などを細かく書いていくと面白いと思います。これまで、多く遊戯王をブログを読んできましたが、やはり記憶に残っているのは、くされにっきです。トップにある征竜の記事も他のブログでは、見たことのないクオリティとボリュームで、これ本当に無料なんですか?と思うレベルの記事です。有料の記事にするのであればそれなりのクオリティは、必要になってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 新弾が発売してから、オルフェゴールの分布が増加してきました。先週のデッキ分布を見てみると関東では、オルフェゴールの使用率がかなり高く、一方の関西では、オルフェゴールの使用率は低く、環境トップである転生炎獣の使用率が高いという地域によって差がでる結果でした。今週の各CSのデッキ分布を見てみるとどのCSでも転生炎獣の使用率が最も高い印象でしたが、次点でオルフェゴール、閃刀姫、サンダードラゴン(恐竜も含む)が多い結果となりました。また分布は、4テーマが多い印象ですが、入賞デッキを見てみると、魔術師やオルターガイストなどもしっかりと結果を残しており、使用率の低いデッキテーマでも入賞できるチャンスがあると実感します。さらに今週、特に印象に残ったのが、10期からこれまで、発売されたテーマのデッキパワーの底上げがされるなかで、D-HEROの入賞でした。

オルフェゴールの増加について
 前回の記事でも紹介したオルフェゴールの増加についてですが、オルフェゴールの展開動画をみると、終末の騎士+手札1枚から、幻影騎士団を絡めた展開で、幻影霧剣×2、オルフェゴール・クリマクスという非常に強力な布陣を築くことができます。今期、転生炎獣のサンライトウルフやレディデバッカーなどのストラクチャーデッキの発売以降、一気に中古価格が高騰し、転生炎獣に乗り遅れてしまったプレイヤーにとっては、オルフェゴールは、再録で価格も安く組みやすいデッキであるとともにデッキパワーも強力なので、今後デッキ分布を見ても増加する傾向であると感じています。

サイドデッキの構築
 各デッキのサイドデッキの構築を見てみると、今週は、王宮の勅命や魔封じの芳香が多い印象を受けました。さらに同じくレッド・リブートの採用も見られ、先攻では、永続罠による制圧。後攻では、展開の補助と役割を感じました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ