遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

関西

  先日、第15回 はっちCSminiが開催されました。

新制限も発表され、昨日、発売したばかりの魔術師も上位に入賞しています。

はっちCS 0620
 
 今期は、4月の制限と変更がないため、引き続きHERO・海皇・ネクロスが

環境上位を占めています。昨日、行われた各地のCSでは、魔術師が活躍している

CSもみられ、来週には、もっと魔術師のデッキ使用率も高くなってくると予想しています。

また魔術師の使用率の増加に伴い、ダークロウを有するHEROやライオウをメインから

採用したネクロスなどのデッキが増えてくると予想しています。

ペンデュラムに対するメタ

  


 今後、P召喚を軸としたデッキが多く登場すると予想されますが、

P召喚を使うデッキに対して集めておきたいカードが、揺れる眼差しです。

Pゾーンのカードが多ければ多いほど

アドバンテージを稼ぐことができます。P召喚を使うデッキでは、揺れる眼差し、

P召喚を使わないデッキでは、妖精の風を採用するといいと思います。

サイクロンでは、1枚しか割れずにどうしても、P召喚を許してしまう場面が今後

増えてくるのではないかと考えています。

 Pモンスターは、Pゾーンを破壊されない限り、無尽蔵にモンスターが供給できるため

展開を防ぐためには、やはりPゾーンのカードを割ることが必要だと考えています。


はっちCS結果
1位 海皇

2位 テラナイト

3位 魔術師

4位 クラウンブレード

引用:はっちCSのブログ
 
 

 4月5日、大阪でカード王CSが開催されました。

依然として、HEROが環境トップですが、地域によって

テラナイトや海皇、ネクロスの分布に若干変化がありますね。

 先週から、youtubeで、川鶴CSや愛知CSの対戦動画を見ていたのですが、

HEROは、ダークロウ・インフィニティが決まると

相手の手札がよっぽど強くない限り、

ほとんどのゲームをとっている印象を受けました。

 構築の変化として、HEROは、サイドデッキのカードを引いて解決することよりも

デッキに応じて、エクシーズ・融合モンスターを多様していくことから

サイドデッキの構築が徐々にエクシーズ・融合のモンスターの枚数が

増えている印象をうけました。

 今回のカード王CSに入賞された方のデッキレシピを見てみると


サイドにラヴァ―ゴーレムの採用がありました。

ラヴァゴーレムの特殊召喚はルール効果なので、チェーンブロックを作らず

ダークロウ・インフィニティの布陣を1枚で崩すことのできるカードです



  簡易融合やソウルチャージを絡めた展開後ならば、

ラヴァゴーレムのチャンスはありますし、

相手がラヴァゴーレムを想定して、展開を控えたり、ワンキルを狙いに行くのであれば

ダークロウ・インフィニティの使用頻度も減り、HEROに対する勝率も少し変化が

あると思います。


 氷結界の鏡


 トリシューラの影霊衣対するメタになりますが、エフェクトヴェーラやデモンズチェーンだと

皆既日食の書をチェーンされて、トリシューラの効果が通ってしまう場面があります。

しかし、氷結界の鏡であれば、皆既日食の書を関係なく

相手のカードを除外することができます。

アニメ
 普段、アニメの遊戯王は見ないのですが、ニコニコ動画のランキングに

アークファイブの新OPが上がっており、視聴すると最後に元キングの影が・・

6月あたりに元キングがテーマとなるストラクもでることですし、

アニメのほうもチェックしたいと思います。


 

↑このページのトップヘ