遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

オルターガイスト

 先週から登場したリリーサードラグーンですが、1週間どうやって突破するかを考えていました。これまでのドラグーンビートであれば、超融合や壊獣を使用し、ドラグーンを処理したあとに特殊召喚で展開する。あるいは、手札1枚ドラグーンに消費させてからの特殊召喚の展開で突破するという方法がとられてきたと思われます。しかし、リリーサードラグーンについては、軸である特殊召喚ができないことから、これらの方法はとれない形となっており、環境デッキのほとんどが返せない状態となっています。ドラグーンビートであれば、手札2枚消費で突破できていたものが、リリーサードラグーンであれば、皆既日食の書などを含めた3枚以上の手札を消費して、ようやく突破できるかどうかなので、リリーサードラグーンが成立した場合の突破は、非常に困難であると思われます。ラーの翼神竜ー球体形もアナコンダ効果にドラグーンで無効にして、ドラグーンとクラウソラスのみを場に残してケアするプランもあります。無難な選択が、時戒神サンダイオンを召喚してお茶を濁して、ターンをかけて突破する機会を伺うぐらいですね・・・
時戒神サンダイオン

効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻4000/守4000
このカードはデッキから特殊召喚できない。
①「時械神サンダイオン」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、このカードはリリースなしで召喚できる。
③このカードは戦闘・効果では破壊されず、このカードの戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージは0になる。
④このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動する。相手に2000ダメージを与える。
⑤自分スタンバイフェイズに発動する。このカードを持ち主のデッキに戻す。
 リリーサードラグーンが成立した場合は、基本突破不可能なので、注目すべき点は、いかにして盤面を成立させないかというところです。土日に行われたCSのサイドデッキを見てみると原始生命体ニビルやアーティファクト・ロンギヌス、パンクラトプス、PSYフレームギア・γなどの採用があり、リリーサードラグーンを成立させないカードが採用されています。リリーサードラグーンが成立しなければ、ドラグーンビートと違い罠の採用枚数がかなり少ないので、突破は簡単だと思われます。またドラグーンの効果を使用させた後に魔鍾洞を貼って、解決札を引き込むのも一つの手ではないかと思います。
 今後の環境についてですが、ギルスが登場してからのオルフェゴールがドラグーンのデッキパワーを抜いて環境トップとなっています。リリーサードラグーンについては、分布の数が少ないもののしっかりと勝ち残っており、意識しなければなりません。またスキルドレインを採用したオルターガイストが土日で入賞しており、サイドデッキにバックを割るカードも採用していかなければならないと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

先週、新弾DARKNEOSTORMが発売しました。今回の新弾は、手札誘発の新規カードが収録されるパックで、とてもワクワクしました。いざ発売日になって登場したのが、儚無みずきでした。


チューナー・効果モンスター
星3/水属性/アンデット族/攻   0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
このターン、以下の効果を適用する。
●相手がメインフェイズ及びバトルフェイズに効果モンスターの特殊召喚に成功する度に、
自分はそのモンスターの攻撃力分だけLPを回復する。
この効果で自分のLPが回復しなかった場合、エンドフェイズに自分のLPは半分になる。
 
 デッキ、エクストラデッキ、墓地と様々な手札誘発が増えていくなかで、今回登場したのが、まさかのライフポイントの回復でした。現在大暴れしているガンドラワンキルに刺さるかと思いきや、発売したその夜にループ職人が儚無みずきの上からガンドラワンキルをするというツイートを上げ、早くも儚無みずきはガンドラワンキルに対して儚い存在となってしまいました。しかし、エキストラターンでの使用を考えるとこのカード1枚で特殊召喚の抑制、ライフポイントの回復とレインボーライフや非常食などの回復カードよりも遥かにやっかいなカードが登場してしまったと思いました。
DARKNEOSTORM発売後の環境
 DARKNEOSTORM発売後の環境後の環境を見てみるとまず第一印象は、オルフェゴールの使用率の増加でした。今回、まさかのオルフェゴールの強化が来て、優秀なエクシーズ・モンスター宵星の機神ディンギルスとサーチのできるカウンター罠オルフェゴール・クリマクスが追加されました。さらにオルフェゴールパーツを集めるのに安価で非常に集めやすいことも使用率増加の要因になったと思います。現在の構築は、幻影やSR、デストルドーを採用した構築が登場しており、今後のデッキ開発が楽しみなことに加えて、今後の新弾での追加強化も楽しみなテーマだと思いました。

宵星の機神ディンギルス
エクシーズ・効果モンスター
ランク8/闇属性/機械族/攻2600/守2100
レベル8モンスター×2
自分は「宵星の機神ディンギルス」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
自分フィールドの「オルフェゴール」リンクモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る。
●除外されている自分の機械族モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。
②:自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。
オルフェゴール・クリマクス
カウンター罠
このカード名の①の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドに「オルフェゴール」リンクモンスターが存在し、
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし除外する。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキのモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
機械族・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える。
この効果を発動するターン、自分は機械族・闇属性モンスターしか特殊召喚できない
オルターガイストの環境復帰
 次点での印象に残ったのが、オルターガイストの活躍でした。新レギュレーションになってオルターガイストは、他のデッキよりも大幅な規制を受けており、新弾発売までにかなりの減少傾向にありました。しかし、新弾発売後の大会結果を見ると、規制に対応した構築が登場しました。新規の構築には、クリッターの採用が見られ、クリッター通常召喚から転生炎獣アルミラージを特殊召喚することで必要なモンスターカードをサーチすることができ、デッキの安定性を高めることができました。さらに新弾で登場した大捕り物が採用されていました。
大捕り物
永続罠
①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。
そのモンスターは自分フィールドに存在する場合、攻撃できず、効果を発動できない。
そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。
 同じようなカードのデモンズ・チェーンと比較すると相手のモンスターのコントロールを奪えることから、リンクモンスターの展開の妨害、無効化されたモンスターがリンクなどの素材にならないことや奪ったモンスターが壁になったりと大きなメリットがあり、今後の大会でもよく見かける罠の1枚になる印象を受けました。
 今後の環境については、各テーマデッキがオルターガイストを意識して、サイドデッキにツインツイスターを採用したり、先週から増加傾向であった閃刀姫の使用率も増加してくるのではないかと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ