遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

カエル

 2018年1月の新制限が発表されましたね。

今期トップだったSPYRALをはじめ、ファイアウォール・ドラゴンの制限、

トーチ・ゴーレム、ダンディ・ライオンなどのリンク召喚のパワーカードの規制と

個人的にはこれまでにない素晴らしい規制だと思いました。

またシュリットや汎神の帝王、海皇の竜騎隊と過去のテーマをしっかり

緩和しているところもよかったです。新弾で新規カードが入り強化されるのが

楽しみです。


今後の環境について
 新制限後の環境では、彼岸が環境のなかで多くなると予想しています。

セフィラ・魔術師と2つのペンデュラムデッキに対し、

スキル・ドレインや王宮の勅命、魔封じの芳香など、



有効な永続メタカードを採用できるとともに

彼岸のエースモンスター、永遠の淑女ベアトリーチェの強さが光ります。

今期、私はセフィラを使用していましたが、ベアトリーチェに対して

有効な解決方法が見つからず苦戦を強いられました。




 しかし、ベアトリーチェも完璧ではありません。今期でも環境で活躍していた

カエルバジェがおり、彼岸の採用するメタカードを掻い潜りかつ

ベアトリーチェを処理できるバージェストマ・ディノミスクスが

彼岸に対して非常に強力です。




 環境初期は、彼岸・カエルバジェ・魔術師・セフィラこれらの4つのデッキテーマが

中心となって環境が動いていくのではないかと予想しています。

9月に入りました。エクストラパックや新ストラクチャーデッキの発売のなか

 新制限の発表と熱い月ですね。

 新弾で登場するkozmoが楽しみで、すぐ組めるようにボックスを予約しました。

昨年、登場した彼岸は、EMの影響もあって、ベアトリーチェが登場し、

以前、海外での到彼岸や沈溺を採用する構築と変わってしまいましたが、

今回のkozmoは、現在の海外構築を参考に使用できたらいいなと思います。



 前回の規制では、青眼・DD・メタルフォーゼと環境にほぼノータッチの規制でしたが

今回は、前回が緩い規制だったこともあって厳しい規制になると予想しています。

個人的には、昨年から登場し、罠の必須カードなっている神の通告や

最近のテーマデッキのキーカードなっているテラフォーミングが規制になるか

気になるところです。



 今期を振り返ってみると、環境デッキへの規制がノータッチからの始まり、

選考会前に登場した新テーマのABCが、環境を揺るがしました。

選考会での代表デッキは、ABC×1DD×3と後攻でも、動けるABCとDDが

代表を勝ち取りました。



 7月に入ると新弾のインヴェイジョン・ヴェノムが発売し、メタルフォーゼの強化は

もちろん、強力な罠カードの次元障壁や来期でも

活躍が期待される餅カエルが登場しました。


 SRガエルやカエルHERO、海皇水精鱗蛙などの餅ガエルの登場によって、

環境外だったテーマデッキが環境で活躍できるようになりました。

来期でも、水・レベル2をテーマにしたバージェストマが登場するので

餅カエルの活躍が楽しみです。




8月に入るとブースターSPデステニーソルジャーズが発売し、

堕天使が環境に登場しました。

特殊召喚を多用するデッキタイプが多いこともあって、大天使クリスティアと虚無魔人が

活躍しました。

堕天使も登場したばかりのテーマなので、カエル同様来期の活躍が楽しみですね。









 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ