遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

サンダー・ドラゴン

 新レギュレーションが発表されて半月が経過しました。

アマゾネス・アーチャーやメガ・キャノンソルジャー、サモン・ソーサレスが

禁止カードとなり、先行ワンキルデッキが減少したことで、シャドールやBFなどの

テーマも環境で見かけるようになりました。

 使用率では、前期から環境トップだった閃刀姫に加え、オルターガイストの使用率が

高い結果となっています。デッキパワーが、弱体化したもののCSでは、上位入賞の

回数が多い印象です。前期から使用していたプレイヤーがそのまま使用していることも

使用率の高さに繋がっていると思います。

 トリック・スターと剛鬼の使用率も前環境よりも高く剛鬼については、

ヒーロー・アライブが制限になりましたが、ベイゴマックスやジャンク・

フォアードを採用し、インヴォーカーを絡め、エクストラリンクを狙っていく

構築になっています。

 また前環境の一角であったサンダー・ドラゴンは、封印の黄金櫃の制限の影響が

出ておりサンダー・ドラゴン純での構築が難しくなっています。

それに伴い、恐竜と組み合わせて究極進化薬で、サンダー・ドラゴンを除外する

効果を活かす恐竜サンダー・ドラゴンが登場しています。

来週は、いよいよYCSですね。1本勝負なので、どんなデッキテーマが勝つか

楽しみです。


 




ついに10月からの新レギュレーションが発表されましたね。

最近、公式で夜の9時に発表があるのは、ショップの閉店時間も関係あるのかなと

思いました。

禁止
アマゾネスの射手
メガキャノン・ソルジャー
サモン・ソーサレス

 ついにリンク初の禁止カードとして、サモン・ソーサレスが禁止になりましたね。

個人的には、召喚条件・テキストともにうまく調整されたカードだったと思ってい

ましたが、ハリファイバーオライオンSSの出しやすさから、展開の要となってしまい

残念でした。やはりFWDの主人公補正の前には、仕方ないって感じでした。

今回の禁止カードは、先行エクストラリンク・先行ワンキルを意識した規制だったと

思います。

制限
Emダメージ・ジャグラー
嵐征竜-テンペスト
トロイメア・ゴブリン
ヒーローアライブ
封印の黄金櫃

 制限は、なかなか面白い規制と緩和でしたね。征竜初の禁止解除となったテンペスト

ですが、様子見での緩和という印象を受けました。テンペストの活躍次第で徐々に緩和

されそうですね。しかし、動画で、カオス・ドラゴンのデッキを見るとダークマター

からテンペストとエクリプスを墓地に落とし、エクリプス効果レダメ除外、テンペスト

効果でエクリプス除外からのレダメ回収という動きを見ると征竜の緩和は、難しそうな

気がします。

 サンダー・ドラゴンでは、重要な封印の黄金櫃が無制限から制限カードになりました。

今回、環境デッキで、閃刀姫、オルターガイスト、サンダー・ドラゴンとすべてのデッキに

対して、規制が入りましたが、サンダー・ドラゴンだけは、他の2つのデッキと比べると

安定性に重要な黄金櫃を失い致命的なダメージを喰らってしまった印象です。

準制限
オルターガイスト・マルチフェイカー
ブリューナクの影霊衣
彼岸の旅人ダンテ
閃刀機-ウィドウアンカー
閃刀起動-エンゲージ
超融合
隣の芝刈り
真竜皇の復活
破壊輪

 閃刀姫は、アンカーが制限と予想していましたが、アンカーとエンゲージのどちらにも

規制が入りましたね。Twitterのツイートでは、あまり影響がないツイートを多く見かけま

したが今後のCSでの使用率が気になりますね。

 影霊衣がここ最近ずっと緩和され続けていて、ブリューナクの影霊衣の緩和は、

うれしいですね。さすがにユニコールの緩和は、難しいと思いますが、好きなテーマなの

で、また環境デッキとして使用できる日が楽しみです。

無制限
召喚師アレイスター
SPYRAL GEAR-ドローン
D-HERO ディスクガイ
イビリチュア・ガストクラーケ
エルシャドール・ネフィリム
エルシャドール・ミドラーシュ

 今回の無制限で、気になったカードは、イビリチュア・ガストクラーケです。

聖刻リチュアというデッキがあり、インゼクターと聖刻の環境のときに活躍したデッキで、

聖刻の効果を活かし、ガストクラーケでハンデスしつつ、トレミスM7で、

聖刻orガストクラーケを回収、トレミスM7を3体並べて、2700×3=8100でワンキル

という動きができるテーマでした。今は、リンクモンスター特殊召喚しないと

トレミスM7を複数並べることが難しいですが、儀式の準備や儀式植物があり、

ガストクラーケをサーチしやすいことから久しぶりに組んでみようかと思います。






↑このページのトップヘ