遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

ドラゴンリンク

 先日、2019年10月からのレギュレーションが発表されました。今回は、連休もあってか、発表が普段よりも3日遅かったですね。今回の注目は、今期環境トップであるドラゴンリンクと次期の展開系の代表とされる未開域がどのように影響がでるか気になります。

2019年10月リミットレギュレーション リスト
10
ドラゴンリンク
 まず環境トップであるドラゴンリンクについてですが、禁止アガーペイン、エクリプスワイバーン、制限ワイバースター、ドラコネットが関連カードとして規制を受けました。個人的には、トポロジック・ガンプラー・ドラゴンやハリファイバーあたりも禁止カードになると予想していましたが、規制はならずまだまだドラゴンリンクの展開力は健在です。エクリプス・ワイバーンがなくともドラゴンリンクの展開はできますが、問題は、アガーペインの禁止で手札誘発をアガーペインで消化させることができていたのですが、禁止カードになったことで手札誘発を他のカードに使用され、後攻での展開がかなり厳しいものとなりました。
未開域
 次に期待の展開系未開域ですが、スカルデットが制限カードとなり、デッキをドローで掘り進んで、居合ドローでワンキルすることが厳しくなりました。今回の規制でドラゴンリンクと未開域については、展開先の着地点への到達が原始生命体ニビルの登場もあって難しくなった印象を受けました。また未開域ついては、展開力で押し切れないのであればビートダウンでのデッキタイプの構築で、オルフェゴール、サイバー、サンダードラゴンなどと組み合わせた構築が増えると予想しています。
真竜 
 ドラゴニックDが禁止カードから戻ってきましたが、海外では一足早く結果がでており、日本での活躍も期待されます。サンダードラゴンに対して真竜の黙示録が非常に有効で環境で活躍できるポテンシャルを持っています。
SPYRAL
 リゾート、ワンフォーワンとかなり追い風となりましたが、課題は超雷龍をどう超えるかが鬼門です。
その他環境デッキ
 閃刀姫、オルターガイスト、転生炎獣などの規制についてはノータッチで、意外と驚きましたが、真竜や反魂術、シャドーミストなど他の9期テーマの緩和を見ていると10期テーマを環境に残しつつ、9期テーマを復帰させる方向ではないかと考えています。ABCードラゴン・バスターも解禁され、リンクユニオンとして再び環境デッキとして活躍できるか楽しみです。
デビルフランケン
 なぜ無制限に緩和されたのか疑問な1枚です。異星の最終戦士やナチュル・エクストリオにアクセスできるのは強力で、2戦目以降でエフェクト・ヴェーラーや無限泡影を外した後の強さが恐ろしいです。
今後の環境について
 レギュレーション発表前の3連休での環境を見てみるとドラゴンリンクの使用率が減り、閃刀姫、オルターガイスト、転生炎獣などのビートダウンデッキが増え、サイドデッキに原始生命体ニビルの採用が見られ、海外同様にビードダウン環境になったと感じました。展開系については、ニビルへの耐性、着地点での強さが定まり次第環境に登場するのではないかと思います。

 先日、新弾CHAOS IMPACTが発売しました。剣闘獣が久しぶりに新規カードが収録され、強化されました。10期パワーの展開力に加え、剣闘獣の戦車で待ち構える戦術ができるといいですね。さて新弾で注目のカードですが、輝光竜セイファートとI:Pマスカレーナです。
効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1800/守   0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
ドラゴン族モンスターを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。
墓地へ送ったモンスターの元々のレベルの合計と同じレベルを持つ
ドラゴン族モンスター1体をデッキから手札に加える。
②墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の光・闇属性のドラゴン族・レベル8モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
 現在、環境トップを走るドラゴンリンクの核となるカードです。①の効果で、暗黒竜コラプサーペントをサーチ特殊召喚し、ドラグニティロムルスをリンク召喚、竜の渓谷をサーチし、ドラゴン族レベル8モンスターを墓地に落とすことで、セイファートの②の効果で回収することができます。使い方次第では、ストライカードラゴンを絡めたり、竜の渓谷でエクリプス・ワイバーンを落とすことで、さらなる展開ができるので、今後、様々な展開デッキに採用されるカードになりそうです。
効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻 800
【リンクマーカー:左下/右下】
リンクモンスター以外のモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをリンク素材としてリンク召喚する。
②このカードをリンク素材としたリンクモンスターは相手の効果では破壊されない。
 フォーミュラーシンクロンのリンクモンスター版がついに登場しました。リンクモンスター以外のモンスター×2体なので、条件が非常に簡単で、相手ターン中にトロイメアユニコーンをリンク召喚し、相手の行動を妨害することができます。今後、登場するリンクモンスターによっては、フォーミュラとライブラリアンからブラックローズ・ドラゴンのような展開もできるのでこの機会に集めておきたい1枚です。
今後の環境について
 すでにドラゴンリンクの分布が増えていますが、輝光竜セイファートの登場で、セイファートを展開の要とした構築が増えてくると思います。ドラゴンリンクのメタカードとしては、今週に入ってから、各デッキのサイドデッキにアーティファクト・ロンギヌスの採用が増えています。ドラゴンリンクは、エクリプス・ワイバーンを絡めた除外によって展開し、除外を多用をするので、アーティファクト・ロンギヌスが有効だと考えます。また相手の墓穴の指名者や抹殺の指名者に対しても発動でき、こちらの手札誘発を通すことができるので、発動する機会の多いカードだと思います。






このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ