遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

マジェスペクター

 先日、4月の新制限が判明しました。環境トップのEMを含め、

4強のデッキが大幅な規制を受けました。

新制限リスト

 ○新禁止カード
EMモンキーボード
ラヴァルバル・チェイン
ライフチェンジャー

○新制限カード
EMドクロバット・ジョーカー
EMペンデュラム・マジシャン
クリッター【エラッタ】
サウザンド・アイズ・サクリファイス
爆竜剣士イグニスターP
彼岸の悪鬼 スカラマリオン
彼岸の旅人 ダンテ
魔界発現世行きデスガイド
竜剣士ラスターP
緊急テレポート
真帝王領域
汎神の帝王
ペンデュラム・コール
マスク・チェンジ・セカンド
名推理
モンスターゲート
揺れる眼差し
竜呼相打つ

○新準制限カード
超再生能力

○制限解除カード
グローアップ・バルブ
クリバンデット
D-HERO ディアボリックガイ
水精鱗-ディニクアビス
精神操作
月の書
封印の黄金櫃
闇の誘惑
竜の霊廟
死のデッキ破壊ウイルス

感想
 EM・帝・インフェルノイド・彼岸の4デッキに規制が入り、

さらにこれらのテーマに採用されていた緊急テレポートや

マスクチェンジ・セカンドも規制されました。

緊急テレポートは9月のエクストラパックのkozmoを考えると緩和されそうな気がします。

モンキーボードが禁止、ペンマジ・ドクロバットジョーカーが制限となり、

長かったEM環境にも終わりが見えました。

海外も同じようにモンキーボードの規制が入りそうです。

海外と同じくラヴァルバル・チェインの規制が入り、グロアップ・バルブやゼピュロスなど

チェインの恩恵を受けていたカードが弱体化しそうです。


復帰カード

 
 個人的には、闇の誘惑とディアボリック・ガイの緩和がとてもうれしいです。

DDB全盛期に活躍したSDLのギミックが久しぶりに使用できるので、

構築を考えるのが楽しみです。

またかなり久しぶりにサウザンドアイズ・サクリファイスが復帰しました。

簡易融合から
相手のモンスターを処理できるようになったのは

強いのではないでしょうか。


月読命や月の書と組み合わせて、効果を使いまわすのもいいかと思います。

4月の環境


 青眼・SR幻影彼岸・命削りクリフォ・同胞マジェスペクターの4つのデッキが

活躍しそうな気がします。青眼の精霊龍を先行で出す動きが強いので

青眼が環境の中心になりそうです。また月の書が3枚なので、青眼の精霊龍を含め

ダークロウなどやフレシアなどのモンスターが処理しやすくなったと思います。

また考えがまとまり次第、記事を書きたいと思います。





 




 

 マジェスペクターが環境に登場してから、風属性・魔法使い族に

活路ができ、これまで注目されなかったカードたちが

見直され、いろいろなカードが高騰しています。

 バーニング・アビス(彼岸)も徐々に情報がでており、 ランク3モンスターや

ダウナード・マジシャンなども値上がりしていますね。

 
神秘妖精 エルフィリア
 
風属性・魔法使い族・レベル3とマジェに抜群の相性です。

エクシーズを軸とするデッキに対して、非常に強力なカードです。

彼岸相手にもダンテを封じることができるので、今後、活躍のチャンスはありそうです。

同時期に登場した異怪の妖精 エルフォビアもサイキック族ですが、

強力な効果をもっています。

アボイド・ドラゴン

 マジェスペクターのミラーマッチで、マジェスターテンペストや神の宣告・警告を

封じ、こちらが展開できるということで注目が集まり、高騰しました。

トーテムバード
 
 登場時は、エクシーズの条件が厳しかったのですが、マジェスペクターの登場により

一気に高騰しました。風紀宮司ノリトも若干高騰したので、これまでエクシーズ条件が

厳しいカードたちにもチャンスがあるかもしれません。


No.30 破滅のアシッド・ゴー
レム
 マジェスペクターのワンキルパターンで、トラピーズ・マジシャンとアシッドゴーレムを

使用した組み合わせにより、注目されるようになりました。

彼岸でも採用されるカードなので集めておきたいですね。

No.49 秘鳥フォーチュンチュン

 彼岸ではエクストラデッキに採用したいカードです。

効果も彼岸と相性がよく、彼岸のカードをデッキに戻しつつ

何度も効果を使えます。

彼岸が登場する前にフォーチュンチュンとナイトメア・シャークは

集めておきたいですね。
 

 

↑このページのトップヘ