遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

ライトロード

新弾のCODE OF THE DUELISTがついに発売しましたね。

仕事で繁忙期があって2週間ほど、ブログを更新できなかったのですが、

ようやく更新できる時間ができて、ほっとしています。
 
 CODE OF THE DUELISTでは、本格的にリンクモンスターが参入し

インフェルニティやグラン・ソイルなどのループで、

話題となっているファイアウォール・ドラゴンも登場しました。

ライトロード 
 ライトロードの強化では、今回登場したライトロードモンスターは

除外を使用して動くテーマなので、既存のライトロードモンスターとの

混ぜにくさを感じましたが、トワイライトロード・シャーマンルミナスは

3枚確保しておきました。



 

ルドラの魔導書

 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚
または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする。 
 ワンダー・ワンドに加え、魔法使い族は、ドローできるカードが
6枚採用できるようになりました。
召喚師やWWなど比較的に条件を満たしやすいデッキは多いので
ルドラとワンダー・ワンドを採用したデッキも見られるかもしれません。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラッシュ・オブ・リベリオンが発売しましたね。

今回は、Amazonシングルカードランキングから、4月25日時点で

上位に入っているものを紹介します。


 1位 エキセントリック・デーモン


 デスガイドから、モンスター除去として引っ張ってきたり、

ペンデュラム効果は、魔法・罠を割ることができたりと汎用性の高いカードです。

2位 相克の魔術師

 先日、登場した慧眼の魔術師の登場もあってランクインです。これから魔術師もどんどん

強化されていきますね。


3位 相生の魔術師


4位 ライトロード・セイント ミネルバ
ミネルバの登場でライトロードのデッキスピードを加速しました。課題は、4×4のランクを

出しやすい構築にできるかが課題です。ライトロードの裁きの登場もあって

安定して、裁きの龍を手札に供給できるようになり、今後の活躍が楽しみです。




COREの感想
 コレクターズパックやスターターの発売もあって、

新弾のテーマのデッキパワーが控えめな印象でした。

個人的に集めておきたいカードは、エキセントリックデーモン、デカトロン、煉獄の虚無

セイントミネルバ、ライトロードの裁き、応戦するG、ブリリアント・フュージョンは

集めておきたいと思います。

紅玉の宝札・七星の宝刀・闇の誘惑で、7枚のドローカードが採用できる

SDLギミックのデッキが登場するか、楽しみです。


環境への影響は?
 ライトロードの活躍が楽しみなのですが、今期の課題はHEROのダークロウです。

禁じられた聖杯などを採用して、ダークロウを無力化し動ける構築にしたいですね。

 応戦するGの汎用性が高く、名推理・モンスターゲートを

採用するインフェルノイドに強く、

単体でも増殖するGへアクセスでき、相手の展開を抑えられるのはかなり魅力です。


 




↑このページのトップヘ