遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

ヴェルズ

 前日のレイピーCSに引き続き、関東でごゆるりCSが開催されました。

前日は、ネクロスが多く勝ち残りましたが、今回のごゆるりCSでは、

一変し、決勝トーナメントにネクロスが0となり、関西デュエリストトーナメントに引き続き

AFシャドールが優勝を勝ち取りました。


デッキ分布

 20150125 ごゆるり


 前日のレイピーCSと比較すると、分布のトップがシャドールとなり、

ネクロスが3番手に後退しました。またレイピーCSから徐々にヒーローも入賞回数を

増やしています。


参加された方のレシピなどを集めてみました。

予選通過率
 予選通過率20150125

AFシャドールが優勝
 1月からの新制限が始まり、前期から引き続きネクロスがトップの環境が始まりました。

さらにPPの先行発売に伴いダーク・マターの登場により、征竜が再び環境に

戻ってきました。

シャドールを使用するユーザーから見て、ネクロス・征竜どちらも対策できるカードとして

アーティファクト・ロンギヌスに注目が集まりました。




ロンギヌスは、トリシューラから場を守ったり、ダーク・マターの展開を阻止したりと

重要な役割を果たします。

 ネクロスに対しては、これまで、クリフォートの対策も兼ねた

手違いの採用が見られましたが、

最近のネクロスのサイドデッキを見てみると

サイクロンに加え、ツイスターや砂塵の大竜巻の

採用がみられ、2戦目以降、永続罠は機能をするのが厳しい印象を受けました。

これを踏まえて、シャドールのサイドも氷結界の鏡や

ツイスターの採用が見られ、ネクロスとクリフォートに

採用するメタカードを分けた印象を受けました。

 AFシャドールの強みとしては、ネクロスに対して、

メインからロンギヌスを採用することだけでなく


手札を0にした状態でも、伏せのカードで戦うことができ、

シャドールにとって、最大の脅威である

トリシューラの影霊威を抑えて戦えることが大きな魅力です。

 ごるゆりCSは、シャドールが勝利を収めましたが、

まだまだネクロスも強力なデッキパワーを

もっているので、シャドールとネクロスとのさらなるぶつかり合いが楽しみですね。

またAFシャドールに相性のいいヴェルズも少し増えてきそうな気がします。





 

新弾のクロスオーバー・ソウルの情報も続々と出てきていますね。

インフェルノイドやRRの新規が登場しました。

インフェルノイド・ベルフェゴルは、レベル6ということで、トレミスでの展開や

レベル2のチューナーモンスターが採用できるようになりますね。

RRは、スワローズ・ネストやRUMにより、展開力が強力なデッキテーマだと思いました。

またモンスターの種類が少ない為、もう数種類RRモンスターが登場すれば

いいデッキテーマになりそうです。

海外では、ザ・シークレット・オブ・エボリューションが発売しました。

2月に入ると、ザ・シークレット・フォーセスが発売し、海外でも

ネクロスが組めるようになります。

今年の日本でも話題になると予想されるバーニング・アビスですが、

海外では、シャドールとクリフォート抑えて環境トップとなっています。

リリーサークラウソラスを有し、特殊召喚を封じるネクロスが、

バーニング・アビスに対して影響を与えるのか楽しみです。


レイピーCSデッキ分布
レイピー CS

 先週の関西デュエリストトーナメント から、ネクロスがトップになってます。

ベスト4までのデッキ分布を見ても、ネクロスが最も多くデッキパワーの高さを感じます。

参加された方のデッキレシピ

決勝トーナメント ベスト4
例ぴ
 
 
ネクロスのデッキ構築を見ると、ディーヴァ型とデスガイド型の

2つのデッキ構築がみられます。

デスガイドは、今年発売されるバーニング・アビスの構築でも必須カードであり、

レアリティコレクションで集めやすくなっているので、今のうちに

シークレットレアなどの高いレアリティでそろえておくといいかもしれません。






 

↑このページのトップヘ