遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

 今月は、遊戯王の世界大会が20日と21日にありますね。

土日の開催なので、中継を見て、日本代表を応援したいと思います。

今年の世界大会のレギュレーションですが、先日、公式より発表があり、

今回は、シャイニング・ビクトリーズまでの環境になりました。

さて今年の世界大会の使用が予想されるデッキを確認していきたいと思います。

 

青眼
 海外では、先日、MOVIE PACKが発売し、青眼の亜白龍が登場しました。

シャイニング・ビクトリーズはすでに発売していましたが、

亜白龍の登場で海外でもようやく青眼が

組めるようになりました。それもあって、青眼が規制の影響が少なく

青眼の使用率が多いのではと予想しています。

日本では、今年の4月の環境から青眼が活躍しており、

デッキの動きやメタカードの採用については、日本が進んでいるため

今年は日本が有利な環境ではないかと思います。

SR儀式彼岸


 日本の制限に加え、グラバースニッチが制限、ガトルホッグが準制限と

ベアトリーチェの成功率が怪しくなってきましたが、

ファーファレルやアリキーノなどを増やした構築になりそうです。

海外の代表は、帝と彼岸で勝ち抜いたプレイヤーが多いため、世界大会でも

使用するプレイヤーがいると思います。




 日本で、真帝王領域と汎神の帝王が規制になっているため、今回の世界大会でも

制限カードになっています。

日本では、規制後にブリリアント帝やガベージ帝が登場し、

また威光魔人や虚無魔人などの採用もあったことから世界大会でも採用がありそうです。

彼岸と同じく海外での使用率が多いことから、世界大会でも使用するプレイヤーが多そうです。

クリフォート

 日本と違いクリフォート・ツールとスキル・ドレインが制限カードになっているため

サイクロンなどで割られてしまうと痛いですが、命削りの宝札が3枚使用可能なので

環境でも使用されるテーマだと思います。青眼の打点を超えることができるので

世界大会での活躍が楽しみです。












 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 今月は、新STARTER DECK2016とPREMIUM PACK18が発売します。

PREMIUM PACKでは、今期、活躍したタイタニック・ギャラクシーや

No77. ザセブンシンズ が登場します。どちらも汎用性の高いモンスターなので

この機会に集めてみてはいいかと思います。


 
新制限
 3月といえば、新制限の発表の時期ですね。

個人的には、帝・EM竜剣士・彼岸・インフェルノイドの

4つのテーマに規制がかかってほしいです。

海外のようにモンキー・ボードとドクロバットが

制限になっていてもEMが環境トップになっているので、

ペンデュラム・マジシャンにも規制をかけてほしいところです。


Premium Gold: Infinite Gold  プレミアムゴールド
 海外のゴールドシリーズの内容が先日、判明しました。彼岸やKozmo、竜剣士などの

テーマが収録されており、これだけで、超高額デッキのkozmoのカードが

ほとんど揃うのは、驚きました。

さっそく1箱注文したので、また開封結果の記事を書きたいと思います。



 

↑このページのトップヘ