遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

新レギュレーション

 ついに2020年1月の新レギュレーションが発表されました。リストをざっくり見てみると先攻展開で猛威を振るった未開域について、ガンプラー・ドラゴンを始め、終わりの始まりや闇の誘惑に規制が入り、展開手段がかなり厳しくなったと感じました。一方で、環境デッキであるオルフェゴール、閃刀姫、オルターガイスト、サンダードラゴン、転生炎獣については、デッキパーツを準制限カードにして、様子を見る印象を受けました。外神アザトートについては、未開域での先攻展開で、相手の手札誘発を無効にして展開するのでその影響ではないかと考えています。深海のディーヴァは、新弾でテーマ化したことでの緩和なので、今後の活躍が楽しみです。

2020新れぎゅ影響
これからの先攻展開について
 ついにトポロジック・ガンプラードラゴンが禁止カードとなり、未開域、ドラゴンリンクなどの先攻展開を得意とするデッキテーマが大ダメージを受けました。これからの先攻展開ですが、既にロボットリンクが展開パターンとしているサベージ+リリーサークラウソラスやユニオンキャリアーから破壊剣ードラゴンバスターブレードを引っ張って、相手の特殊召喚を止めつつ、サベージを横に置いて、ライトニング・ストームをケアしていく展開になると予想しています。また前回紹介したシムルグ+巨神鳥+雷鳥の無限妨害も採用の視野ではないかと思います。

新環境について
 気になる新環境ですが、オルターガイスト、オルフェゴールについては、そこまでの影響はなく、引き続き環境で活躍すると考えています。サンダードラゴンと転生炎獣は、特殊召喚とサーチカードの部分にそれぞれ規制を受け、事故率がどこまで厳しくなるか未知数です。サンダードラゴンが厳しければHEROやエンデュミオン、SPYRALなどのサーチを多用しガンガン回るデッキが強いと思います。
環境予想

 先日、2019年7月1日のリミットレギュレーションが発表されました。環境デッキは、もちろん魔鍾洞などの気になるカード・デッキが多かった今期でしたが、振り返りながら見ていきましょう。最近、エアーマンのウルトラとスーパーが高騰していて、個人的には、ダークロウ全盛期に高騰せず、この時期なのか不思議です。

禁止リる祖
破滅竜ガンドラX
 やっとガンドラXが禁止になりました。YCSでの暴れっぷりやレッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン、ギャラクシーアイズ・ダークマタードラゴンの禁止という犠牲を経て、禁止になるまでが本当に長かったと思います。
トロイメア・マーメイド
 今期は、様々なカードを採用するオルフェゴールのなかで、何が規制されるか気になっていましたが、展開の起点となるトロイメア・マーメイドが禁止カードとなり、展開パターンを1から考えなくては、いけなくなりました。オルフェゴール自体は、星杯の巫女イヴのような展開できるカードが登場するとまた環境復帰もあると思います。
転生炎獣ガゼル、レディ・デバッカー
 昨年12月に発売したストラクチャーデッキソウルバーナーで収録された転生炎獣ですが、まさかの半年での規制で驚きました。閃刀姫を見ても、ホーネット・ビットが半年ぐらいで規制されているので、環境デッキについては、徐々に規制をかけてデッキパワーを落としていく印象を受けました。初動のカードがかなり減ってしまいましたが、サイバネット・マイニングで補っていく形になりそうです。環境としては、唯一相性の悪いサンダードラゴンもいなくなったので、またまだ活躍のチャンスはありそうです。

サイバネット・マイニング
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①手札を1枚墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル4以下のサイバース族モンスター1体を手札に加える。
超雷龍-サンダー・ドラゴン、雷鳥龍-サンダー・ドラゴン
 こちらは、昨年7月に発売されたSOUL FISIONにて登場しました。約1年の活躍でわりと長く使用できたテーマだったと思います。サンダードラゴンの活躍により、封印の黄金櫃が規制となり、初動のカードに困ったものの、孤高除獣や太陽電池メンを採用した構築に落ち着いた印象です。また恐竜と組み合わせた恐竜サンダーの活躍もありました。今後は、超雷龍-サンダー・ドラゴンが1枚の制限カードになってしまったので、1度盤面を突破されてしまうと返せないため、使用するのであれば超雷龍-サンダー・ドラゴンで蓋をするような使い方になりそうです。
魔鍾洞、メタバース
 今期注目だった魔鍾洞ですが、終焉の地があるので、まだまだ純正の構築、閃刀姫やオルターガイストにも採用できそうです。少なくとも純正の構築は、魔鍾洞の枚数減ったことにより、ディノミスクスで除外して、終焉の地をケアして、特殊召喚せず下級モンスターでビートしていけば以前よりも勝てると思います。
氷結界の龍 トリシューラ 
 インフェルニティ全盛期以来、トリシューラが複数枚プレイできる日がくるとは、思ってもいませんでした。今回、準制限で緩和されたカードをみると、緩和したカードで環境での様子を見る方針だと感じました。流石にトリシューラの3枚目の緩和はないと思いますが、過去のテーマで使用されていないカードがどんどん緩和して欲しいですね。
真竜拳士ダイナマイトK
 真竜の要のカードがやっと帰ってきました。命削りの宝札や強欲で金満な壺など、ドローカードは多く、神の宣告も3枚使用できるようになったので、環境でも活躍できそうです。
今後の環境について
 今回の規制を踏まえて、環境デッキで思いついたのが閃刀姫、オルターガイスト、セフィラ、サブテラー、真竜、転生炎獣で、罠型のデッキが多いので、久しぶりに遅い環境の遊戯王だと感じました。ドラゴンリンクも気になりますが、オルフェゴールのようにクリマクス+霧剣×2枚ような展開ではなく、剛鬼の展開であれば、御前試合などで後手でも捲れるので、罠型が十分優位だと思います。閃刀姫、オルターガイストあたりが環境初期は多いのではないでしょうか。あとは今月、発売する新ストラクチャーデッキのヴァレットは強いカードが多いので今後の活躍が楽しみです。

↑このページのトップヘ