遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

月光

 月光が登場してから、融合回収や炎舞ー天キなどが、月光と相性がよく

高騰しましたね。月光のデッキパワーとして、融合モンスターは、キル力があり 

下級モンスターでも、リクルータや特殊召喚できるカードが多いので

エクシーズ・モンスターも出しやすくなっています。

 さて今回は、今月のVジャンプで登場した月光紅狐と相性のいい犬タウルスです。

効果モンスター
星4/闇属性/獣戦士族/攻1800/守 600
①:このカードが効果で墓地へ送られた場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力をターン終了時まで0にする。
②:自分フィールドの「ムーンライト」モンスターを対象とする
魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
その発動を無効にし、お互いのプレイヤーは1000LP回復する。


犬タウルス
 効果モンスター
星3/炎属性/獣戦士族/攻1500/守 200
①:1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行う

ダメージ計算時に発動できる。
手札・デッキから獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を墓地へ送り、
このカードの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで、
墓地へ送ったそのモンスターのレベル×100アップする。

 犬タウルスの効果で、紅狐を墓地に送ることにより、相手のモンスターの攻撃力を

0にしつつ、1900ダメージを与えることができます。 他の月光モンスターを

墓地に送ることも可能ですし、月光に採用している炎舞ー天キでサーチできるのも

魅力です。 使い方によっては、ライトロード・アーチャーフェリスも

特殊召喚することができます。


グリザイユの牢獄

 通常罠
自分フィールド上にアドバンス召喚・儀式召喚・融合召喚したモンスターの内、
いずれかが表側表示で存在する場合に発動できる。
次の相手ターンの終了時まで、
お互いにシンクロ・エクシーズ召喚は行えず、
フィールド上のシンクロ・エクシーズモンスターは効果が無効化され、攻撃できない。

 帝王でサイドデッキに採用されるようになったグリザイユの牢獄です。

月光でも、融合モンスターで戦うテーマなので、 採用でき

最近では、月光のサイドデッキにも見かけるようになりました。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

20160109_021954097_iOS 
【開封結果】
・シク レクターP ・レリ チドリ ・ウル 白き霊龍 獅子姫 アモルファクターP

・スー ライノセバス レクターP 浮幽さくら ズール ウェーブ・フォース 豹姫

 開封から前半は、ハズレ枠からのスタートで、ひやひやしましたが、

後半は、今回の目玉である浮幽さくらを引くことができたのでよかったです。


 浮幽さくらの評価としては、昆虫装機全盛期環境での連鎖除外のような印象を

受けました。ゲーム序盤で、発動できればゲームを有利に進めることができますが、

初手率は、もちろんのこと、ダンテやベアトリーチェが、一度展開できてしまった後の

ゲーム中盤などの発動では、浮幽さくらの影響力も少ないと思いました。

しかし、ミラーマッチでは、エクストラデッキのエースモンスターを封殺し、

こちらがエースモンスターを相手よりも活用できるようになります。

浮幽さくらの登場によって、エクストラデッキに同名カードを

複数枚採用することに対して、

考慮するようになったことはいいことだと思いました。



 今回、発売したシャイニング・ビクトリーズでは、月光・青眼といった優良テーマは

もちろん、儀式彼岸のキーカードである儀式の下準備やインフェルノイドと組み合わせると

強い仁王立ちなど、登場してからすぐに環境デッキに組み込まれるカードが多い印象です。

個人的には、ノーマルレアのエンジェル・トランぺッターが気になっています。

 通常モンスターでも、ヂェミナイ・エルフやブラッド・ヴォルスに並ぶ

1900打点にチューナー、特殊召喚での展開を得意とする植物族など

バニラモンスターなりのインフレを感じるモンスターでした。


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ