遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

聖刻

 今週に入ってから、ツイートやAmazonランキングで、アルティマヤ・ツィオルキンを

よく見かけるようになったので、調べてみました。


  シンクロ・効果モンスター
星0/闇属性/ドラゴン族/攻   0/守   0
ルール上、このカードのレベルは12として扱う。
このカードはS召喚できず、自分フィールドのレベル5以上で同じレベルの、
チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
①1ターンに1度、自分フィールドに魔法・罠カードがセットされた時に発動できる。
「パワー・ツール」Sモンスターまたは
レベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
②フィールドのこのカードは、他の自分のSモンスターが存在する限り、
攻撃対象及び、効果の対象にならない。

 これまでのアルティマヤ・ツィオルキン使用方法は、聖刻でのラブラドライドラゴンと

聖刻
モンスターで特殊召喚することが主に活躍する機会でしたが、

先日発売したザ・ダーク・イリュージョンで登場した、

ABF-五月雨のソハヤやBF-朧影のゴウフウ、瑚之龍などの

高レベルチューナーモンスターが収録され、アルティマヤ・ツィオルキンを使用する

機会が増えると考えられることから注目が集まっていると思いました。



 最近では、アルティマヤ・ツィオルキンの効果で、クリスタルウィング・シンクロドラゴンを

出せるのでなかなか強力です。








このエントリーをはてなブックマークに追加

 去年、PP17が先行発売し、ペロペロケルぺロスや新規BF、ダーク・マタードラゴンなどの

強力なカードが登場しました。2015年がスタートし、PP17で、登場したカードも

全国各地の店舗大会のレシピで見かけるようになりました。

聖刻杯


 今期は、去年に紹介した記事で、1月からの環境予想で、シャドールを押していますが、

環境はクリフォートがトップになっています。しかし、クリフォートからHEROまでの分布を

見ると差は少ない印象を感じました。

前環境では、40~30%で影霊衣が環境トップで、

他のデッキがそれに続くようなグラフでしたが

今期は、多くのデッキジャンルが分布している印象で、CSの入賞しているデッキを

見てみると、1~2種類のデッキが独占するわけではなく

各デッキが入賞している印象を受けました。

 
今回開催された聖刻杯では、ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴンを

採用した聖刻征竜が優勝しています。

ダークマター・ドラゴンが登場してから、twitterや動画などで、1キルパターンや

先行展開が注目を集めましたが、

ダークマター・ドラゴンを特殊召喚するにあたって、聖刻が注目されました。

聖刻では、手札がアセト+トフェニからアセトと神龍の聖刻印の場をつくることで

ずくにダークマター・ドラゴンにアクセスできます。


聖刻の構築が紹介されてから注目を集めている真魔獣ガーゼットでも

アセトorトフェニ+ガーゼットの手札でダークマターにアクセスすることができます。


またアセトが手札になくても、トラゴラドが手札にあれば、トフェニ+トラゴラドでも

ダークマター・ドラゴンにアクセスできます。

ダークマター・ドラゴンを特殊召喚できれば、先行展開だと

ドラゴサック+レダメ+ダークマター・ドラゴンの場ができます。


 竜の渓谷や竜の霊廟が制限になって、展開が厳しくなっていた征竜も

1ターンで、色とコストをそろえることができるので非常に強力です。

今後は、聖刻征竜の使用者が増え、環境に入ってくると予想されます。

他のデッキは、増殖するGや聖なるバリアミラーフォース・激流葬などの採用が

考えられ、これまで、クリフォートや影霊衣のためにサイドにメタカードを採用していましたが

征竜も考えると大変です。

聖刻杯デッキレシピ



 

↑このページのトップヘ