遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

遊戯王

 お久しぶりです。コロナウィルスで、遊戯王のイベントが次々と中止になり、書きたいネタがなくなってしまい、ブログの更新を休んでいましたが、やっとブログがかけました。
概要
・リモートデュエルの課題 
・リモートデュエルでの大会
・【お願い】 カードショップで商品を買ってください。

・リモートデュエルの課題
 コロナウィルスによって、公認大会をはじめ、CSなども中止となるなかで、公式からリモートデュエルが発表されました。早速、各メーカーが推奨しています。しかし、都会で知り合いの多いプレイヤーであれば、知り合い同士で、デュエルを楽しむことができますが、地方で知り合いの少ないプレイヤーは、お互いの顔が見えず初対面同士で、デュエルができるかというと厳しいかと思います。知り合いが少ないプレイヤーでも参入しやすい環境ができるといいと思います。
リモートデュエルでの大会
 プレイヤーのモチベーションを高めるので、あれば、リモートデュエルでもイベントを開催することが必要だと思われますが、CSなどの賞品を出すイベントとなれば、普段の対戦よりも不正が問題となってきます。
 仮に私が不正をすることを前提にリモートデュエルのCSに参加するのであれば、カメラは、盤面しか写せないので、カメラが映らないところに必要なカードをまとめたストレージを置いて、先攻後攻それぞれのベストな手札を準備して、デュエル中入れ替えると思います。このような例もできますし、またこれらの不正をカメラ越しから、見抜くことは難しいでょう。なので、リモートデュエルでのCS開催は難しいとここ数か月考えていました。
 そんななかで、お隣のデュエルマスターズでは、リモートデュエルカップの開催を告知しています。賞品は、公式で用意されていますが、賞品の獲得方法については、主催者に一任されており、例として、賞品を渡す人はランダムで選ぶ、面白いデッキを作った人に賞品を渡すことなどが紹介されており、個人的には、いい案だと思っています。賞品が優勝者に渡されないことで、競技性は落ちてしまいますが、不正をすることはかなり減ると思います。またデッキ賞を取るために様々なテーマ、構築が登場することもカードゲームの醍醐味です。遊戯王でもこの案を採用して、リモートデュエルで、イベントを開催して欲しいと思います。引用:リモートデュエマカップ
【お願い】カードショップで商品を買ってください。
 コロナショックから約3ヵ月が経ちました。youtubeで、3月頃にカードショップのオーナーさん達が経営が危ないということを訴えており、若干の危機感を感じていましたが、5月下旬のツイートを見るだけでもカードショップの数店が閉店するというツイートを見て、とうとう来てしまったと実感しました。全国的に自粛は緩和されてきていますが、デュエルスペースでの大会の開催は、コロナが収束するまで、規模を縮小して開催していかないといけないと思いますし、CSに至っては、会場が公共施設の場合が多いので、借りることができず当分開催できないのではないかと思われます。そんな厳しい状況の中ですが、カードショップで商品を購入して、少しでも売上に繋がるようにして、自分たちがカードを楽しむ場所を守っていきましょう。ご協力よろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 今回は、カードの梱包ついてです。

20150208_125932899_iOS
必要なもの

①カード+スリーブ
②段ボールを切ったもの×2 (縦×横 約11cm×7cm)
③ビニール袋 (100円均一で購入できます。約12cm×8.5cm)
④封筒(100円均一で120枚入りが購入できます。)
以上の4セットになります。

手順1
 カードを段ボール2枚ではさみ、セロハンテープで4ヶ所を固定します。


20150208_130332689_iOS

20150208_130459350_iOS

手順2 
 濡れることを防ぐために段ボールで固定したカードを
ビニール袋に入れて、さらに封筒に入れたら完成です。
20150208_130531459_iOS

  住所は、発送する前にしっかり確認しましょう。メルカリでの経験では、
アパートの住所が登録しているにも関わらず部屋の番号を登録していないケースが
何回かあったので、事前に連絡して確認をとっていました。 
 デッキパーツなどを発送する際には、1セットで6~9枚までのカードを
束ねることができるので2~3セット作成し、
大きめの封筒を用意して、発送していました。

これまでの取引で、梱包の問題はおきておらず、『しっかりと梱包されていた』などの
コメントもいただいているので、この方法で大丈夫です。 
濡れ防止のビニール袋が調達できない場合、濡れを気にしなければ手順1で
作成した段階で発送しても大丈夫です。




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ