遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

CS

 新制限の発表前の13日から15日まで、東京に行ってきました。

今回は、目的の二郎ラーメンを食べることができてよかったです。

次回、東京に行く機会があれば、他の二郎系列のお店も行きたいと思います。

 また、前回の東京カードショップ巡り に引きつづき、カードショップを回りました。

コメントで紹介あったグランドパンダ キャニオンさんや

安さで評判のあるビームスさんなどに行きました。

前回は、オープン前だったのでいけなかったボークスにも行ったのですが、

新制限の発表前ということもあって、ショーケースの商品が少ないと思いました。

 東京で、カードショップを回りいろんなお店を見ることができてとても楽しめたので

次回は、大阪に行ってカードショップを回ってみたいと思います。

CS
 HEROが環境の中で、頭一つ抜けている印象ですが、

新制限が発表されてから、約2~3週間ぐらいまでは

いろんなデッキが環境にいる状態です。

環境デッキ以外は、だんだんと絞られてくるので、

自分の好きなデッキを使用するチャンスは今の時期になると

思います。







 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 3連休も全国各地でCSが開催されました。

今回は、3連休のCSで、デッキ分布のグラフを作成しているときに

ふと思ったことがあったので、先にtwitterでツイートしましたが、

こちらで、私が思ったことを書いていこうと思います。

各CSごとの感想は、また後日掲載します。


3連休で開催されたCSでの予選通過率


各デッキの予選通過数
 
 最初に思ったのは、愛知CSデッキ分布を見ているときでした。

クリフォートの参加者は、 31人と大会の中で最も多いのに対し、

決勝トーナメントでは、0です。

参考に3連休に行われたCSのデータをまとめ

各デッキの予選通過率のグラフを作成しましたが、

クリフォートが参加者数として一番多いにも

関わらず、予選通過率が、 最も低いことがわかりました。

 クリフォートのデッキは、ツールでライフポイントを削りながら、展開しければならないため

エキストラターンでの不利な状況になりますが、

他のデッキ構築を見てみると、前環境にはメインであまり見なかった、

サイクロンがメインで採用されていました。

またサイドには、アイス・ファイヤー ハンドにツイスターや

ライオウ、手違い、砂塵の大竜巻の採用がみられ、前環境よりも

クリフォートに対するメタカードの枚数が増えたことから

今回のクリフォートの予選通過率につながったと考えています。

 

来週のCSでは、クリフォートの分布と構築の変化にどう影響がでるのか楽しみですね。

↑このページのトップヘ