遊戯王時事ネタ

主に遊戯王の時事ネタを書いていきます。また、環境についての記事なども紹介していきます。相互リンク募集しています。

EMEm

 先日、2016年1月制限の禁止カードが判明し、

長かったEMEmの環境も終わりを告げました。

禁止リストは、

No.16 色の支配者 ショックルーラー

Emダメージ・ジャグラー

Emヒグルミ

の3枚となっています。

 ヒグルミは、DOCSで登場したばかりのカードでわずか166日で、

一気に禁止カードとなりました。


モンスター効果がなぜ1ターンに1度ではないのか、疑問に思っていましたが、

やはりその強さ故に禁止カードとなってしまいました。

 ショックルーラーは、昨年の光天使でも大暴れし、今回ようやく禁止カードとなりました。

ショックルーラー+カウンター罠の先行展開もなくなり、一番恐れていたものがなくなり

ほっとしています。しかし、ショックがなければナチュビが使えますし、

アリアドネを使いまわすことができるので、EMもまだまだ環境に残ることが考えられます。

 Emダメージ・ジャグラーは、揺れる眼差しを唯一妨害できるカードでしたが、

こちらも禁止カードとなりました。ダメージを無効化したあとにトリッククラウンやヒグルミ、

ハットトリッカーなどをサーチできる強力なカードでしたが、ジャンクリボーが変わりに

採用されそうです。


今後の環境は?
 制限カードがあるのか、ないのか分かっておりませんが、現在の禁止カードのみの場合

彼岸1強の環境が予想されます。デスガイドから展開したベアトリーチェ+3伏せの展開に

渡り合えるデッキが少ないと考えられ、彼岸のアドバンテージに対して

追いつけないのも理由です。

帝の復帰も期待したいところですが、こちらは、アドバンス召喚時の効果起動に対して

神の通告を発動され、真帝王領域が無効化されてしまうのが現段階での問題です。





 
このエントリーをはてなブックマークに追加

11月に入り、EMEmの構築にも変化がみられるようになりました。

これまでは、モンキーボートやペンデュラム・マジシャンを絡めて、

ショック・ルーラー+カウンター罠に

繋ぐ先行展開が非常に強力でしたが、幽鬼うさぎやタイフーンなどの

相手の初動に干渉するカードの採用が増えてきました。




また入賞したデッキレシピを見てみると

関東では、エクストラデッキにエクシーズ・ユニバースのケアとして、

ナチュル・ビーストの採用が見られますが、関西では 、採用が少ないのも

印象に残りました。

ハーピィの羽根箒がサイドデッキへ

 EMEmの構築がどんどん深く掘り下げられていくなかで、

驚いたのがハーピィの羽根箒がメインデッキではなく、

サイドデッキに採用されていることでした。

考えてみると、先行展開をする場合、ハーピィが初手にあると邪魔になり、

逆に後攻であると、ショック・ルーラーの効果で、魔法カードが発動できないことがあるので

サイドデッキでの採用だと分かりました。


グレイドル・イーグルの採用
 
 前回の記事で紹介したナイト・ドラゴリッチ以外のカードで、

サイドデッキにグレイドル・イーグルの採用が見られました。

こちらは、先行展開されたあとの返しにグレイドル・イーグルで

ショック・ルーラーやナチュル・ビーストを奪い、

それによって形成を逆転することができます。 

分布の変化
 最近の分布では、彼岸の使用率が伸びてきている印象です。

マスクチェンジ・セカンドの採用に加え、魔封じの芳香などの永続罠が採用され

CSでも上位に入賞しています。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ